金銭面

携帯電話各社の障害者割引の状況とオススメ利用方法の紹介

2019/05/03

今回は大手携帯キャリア3社(Docomo・AU・ソフトバンク)の障害者割引の状況と料金プランの比較をしていきます。

比較する料金プランはスマホでの料金プランになるため、ガラケーでの利用を考えている方は料金プランは参考にならないので気を付けてください。
あと、個人的に現在利用しているプランについても紹介していきたいと思います。

ドコモ(Docomo)のハーティ割引(障害者割引)

ドコモで利用する場合は、基本プラン+パケットパック、インターネット接続サービスの3つで構成されています。

その中で、スマホでハーティ割引が使えるものは基本パックとインターネット接続サービスの2つのみです。

一番料金の比率が高いパケットパックには割引は適用されません。

ハーティ割引適用後の月額基本使用料

基本パックの2年契約時とハーティ割引適用後の基本使用料の比較を作ってみました。これを見てもらうとわかりますが、200円安くなります。

ただ、ハーティ割引を適用すると2年契約の縛りはありませんので、その点はメリットですね。

契約種別 料金プラン 2年契約基本使用料 ハーティ割引適用後の
基本使用料
Xi カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2,700円 2,500円
カケホーダイプラン(SIMフリー) 2,700円 2,500円
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) 1,700円 1,500円
シンプルプラン(スマホ) 980円 780円
データプラン(スマホ/タブ) 1,700円 1,500円
データプラン(SIMフリー) 1,700円 1,500円
データプラン(スマホ/タブ) 1,700円 1,500円

出典:ハーティ割引

「ハーティ割引」の対象サービスと割引適用後の月額使用料

「ハーティ割引」の対象サービスと割引適用後の月額使用料の比較表もあります。
基本絶対に入らなければならないのが、インターネット接続サービスになります。

スマホで契約する場合は、インターネット接続サービスはだいたいがspモードになります。
spモードでは、料金が180円ほど安くなります。

対象サービス 適用前定額料 ハーティ割引 適用後定額料 Xi
留守番電話 300円 120円 対象
iモード 300円 120円 対象
iチャネルサービス 150円 60円 対象
ケータイデータお預かりサービス 100円 40円 対象
お預かりプラス 100円 40円 対象
メロディコール 100円 40円 対象
キャッチホン 200円 80円 対象
イマドコサーチ 200円 80円 対象
マルチナンバー 500円 200円 非対象
mopera U シンプルプランの場合 200円 80円 対象
Uスタンダードプランの場合 500円 200円 対象
Uライトプランの場合 300円 120円 非対象
Uスーパーライトプランの場合 150円 60円 非対象
音声入力メール 200円 80円 対象
iコンシェル ドコモ スマートフォンの場合 100円 40円 対象
iモードケータイの場合 200円 80円 対象
お便りフォトサービス 200円 80円 非対象
i Bodymo 150円 60円 対象
spモード 300円 120円 対象
ドコモ地図ナビ 300円 120円 対象
ドコモ ドライブネット 300円 120円 対象
いちおしパック 500円 440円 対象

出典:ハーティ割引

ドコモでのスマホでの利用の場合は、インターネットを使用するためデータ料金プラン(パケットパック)が必要になります。それは以下のものなります。

ドコモ料金プラン 家族 一人
段階的データプラン ベーシックシェアパック ベーシックパック
定額データプラン ウルトラシェアパック ウルトラデータパック

上記の料金プランには、ハーティ割引はありません。なので、普通の方と同じような料金プランでのお支払いになります。

もし、最低限のハーティ割引を利用した場合は現在ドコモで安くしようとすると基本パックの200円とspモードの180円で合計380円の節約が可能になります。

何ともイマイチ。

ドコモ情報追記

基本プラン+パケットパックは2019年5月31日に新規申し込み受付を終了してしまい、ギガホ・ギガライトになります。

個人的には、ギガホ・ギガライトのプランのほうが基本プラン+パケットパック+インターネット接続サービスまとめての値段なので安くなります。

これからも、ドコモで継続するのであれば、ハーティ割引を利用できないが、ギガホ・ギガライトのほうがいいと感じました。

AUのスマイルハート割引(障害者割引)

AUでの障害者割引のスマイルハート割引も紹介していきます。AUではドコモのように全くないわけではないですが、あまりいいものではないかもしれません。
スマホで利用するプランが、auピタットプランとauフラットプランになります。

【スマイルハート利用時と2年契約時基本使用料の割引】

料金プラン スマイルハート割引 2年契約時割引
auピタットプラン
auフラットプラン
スーパーカケホ
カケホ
スーパーカケホ(a)
スーパーカケホ(ケータイ)
カケホ(ケータイ)
カケホ(3Gケータイ)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
1,700円割引 1,500円割引

出典:スマイルハート割引

これで見るとなかなか良さそうに感じますが、実は2年契約の割引サービスの併用ができません

AU

そのことを考えてみてみると、実は2年契約を結ぶことで1500円の割引あるため、差額は200円しか変わらないという結果になります。めんどくさい手続きして、200円の差額なので個人的にオススメしていません。

ソフトバンクのハートフレンド割引

最後にソフトバンクでの障害者割引ハートフレンド割引も紹介していきます。

料金プラン 基本使用料 ハートフレンド割引適用後の基本使用料 現在の状況
ホワイトプラン 934円 無料 18/6/27新規申込終了
スマ放題(2年契約なし) 4,200円 2,500円 18/9/5新規申込終了
スマ放題ライト(2年契約なし) 3,200円 1,500円 18/9/5新規申込終了

ソフトバンクはデータ料金プランと基本料金の新規契約が終了しています。

現在申し込みできるハートフレンド割引のプランはギガ放題の通話基本プランの割引サービスです。

料金プラン 2年契約時基本使用料 ハートフレンド割引適用後の基本使用料
通話基本プラン 1,500円 1,300円

そのことを考えてみてみると、実は2年契約を結ぶことで1500円の基本使用料のため、差額は200円しか変わらないという結果になります

スマホでの契約を行う場合は、普通の方と同じ料金を払うことになりますので、あまりオススメしていません。

まとめ

現在の状況で割引額を考えるのであれば、ドコモが一番割引額が多いという結果になります。
しかし、トータルで払う場合であればもう少し異なってくることになります。

料金でもっと安く検討するのであれば個人的には楽天モバイルをオススメしています。

現在の利用プラン

現在は格安SIMの楽天モバイルを利用しています。

格安SIMと言われると、安いから悪いようなイメージを持つ人がいますが、特に使用上の問題を感じたことがありません。しいて言えば動画の視聴が遅いなーっと感じる程度です。
しかし、動画自体は自宅で見ることが多いため、あまり気になりませんね。

ちなみに、自分の最近の料金楽天モバイルでの支払いを少しお見せします。
rakutenモバイル

だいたい、毎月2000円前後の料金を支払っています。楽天ポイントが使えるため、楽天のポイントを使えば携帯電話の料金をこのように0円にすることもできます

もし、電話番号を継続で利用したい場合は他社からの乗り換えになるので、MNPが必要になりますので注意してください。

個人的にオススメな方法は、楽天市場で端末を購入して、楽天ポイントをつけて、楽天ポイントを携帯電話の支払いに使ってしまうことです。
最近購入したHUAWEI P20 liteも楽天で購入して、ポイントはすべて携帯電話の料金に回してしまいます。
dig

ただし、楽天市場で買う場合は2年の分割ができないので、分割がしたい方は販売端末一覧を見てもらえれば楽天モバイルで利用できる端末を分割で購入することもできます。

ちなみに、楽天モバイル障害者割引はありませんが、大手三社に比べて圧倒的安く済むので特に気にしたことがないですね。

-金銭面