Python プログラム

Raspberry PiでPythonの統合開発環境(IDE)を構築する方法

以前の記事でも紹介したのですが、iPadをRaspberry Piのモニターとして使うようになったら便利になりすぎました。

そのため、ごろ寝しながらiPadでpythonプログラミングできたらいいなと感じて統合開発環境(IDE)を構築することを決意。
やり方含めてご説明しようかと思います。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)でPython IDE

Thonny

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)から簡単にインストールできるのがThonnyです。

これのインストールは結構簡単です。
「設定」→「Recommended Software」

「Programming」→「Thonny」をチェック入れてApplyでをするとインストールされます。

Thonnyを開いて簡単なプログラミングを書いて、「Run」で実行。

上記のようにhello worldが表示されてばOKです。

これは簡単なプログラミングをしたいときには良いのですが、変数が多くなったりすると途端に使い勝手が悪くなります。
できれば変数の内容は確認できたほうが、デバックにめちゃくちゃ役立ちます。

spyder3

Anacondaに付属して付いてくるspyder。
統合開発環境としてかなり使えます。特に変数の中身を確認するときに便利!

pycharmは、いろいろな機能があり使い勝手もいいのですが、一部機能が有料のため使っていません。というか、linux環境で使えるのか実験したことがありません。
その点spyderは、linux環境でも無料で使い勝手のいいIDEなため、個人的にオススメ。

では、spyderのインストールについてお伝えいたします。

まずLXTerminalを開きます。

LXTerminalでは、下記を入力します。

$ sudo apt install spyder3

私の場合は、すでにインストール済となっていますが、インストールしていない人はインストールされます。

インストールが完了すると、プログラミングにSpyder3がインストールされました。

早速、Spyder3で簡単なプログラミングをしてみましょう。再生マークで実行になります。

変数エクスプローラーに変数の名前・型・サイズ・値が表示されます。
これがデバックするときにめちゃくちゃ役立ちます。

list型だとこの変数の利便性がよくわかります。

また、サイズのところをダブルクリックすると詳細に把握ができます。

いちいちprintで確認する必要がないため、開発の効率も上昇します。

また使われていない変数があれば下記のようにも表示され、修正を行う必要があることがわかります。

こういったちょっとしたことで開発の効率は全然違ってきます。

まとめ

spyderはlinux以外でWindowsでも使用しています。
linuxでのpythonの開発環境という意味ではかなり使い勝手のいいIDEとなってますのでインストールしてみてはいかがでしょうか?

無料で使い勝手もいいのですが、なぜかspderyを推している記事が少ない印象を感じる。
関連記事:iPadなどのタブレットをRaspberry Piのタッチパネルモニターとして使う方法

-Python, プログラム