車椅子の生活

車いすで電車に乗車するときの、乗り方や流れや料金・仕組みについて

UMISHIBAs84d_TP_V
車いすで電車を利用するときは頻繁にあり、特に都内に行くときは車よりも電車の方が利便性が高いため、ほとんど電車での移動になります。

そのなかで付き添いの方に言われたのが、

「電車を利用するまでの流れや料金・仕組みがわからない」

と言うものでした。

なので、今回は電車を利用するまでの流れや料金・仕組みについて簡単に解説していきます。

公共交通機関の割引対象者

対象者

  • 身体障害者1級・2級
  • 知的障害者1級・2級

基本は障害者手帳を持っている人で身体・知的障害1級・2級が割引の対象になります。
障がい者手帳を持っていない人や対象から外れている人・上記に該当していても一人での乗車では、正規の値段での乗車になりますので、ご注意ください。

精神障害をお持ちの方や身体・知的障害者3級以下の方は電車を利用しても割引があるわけではないので注意してください。

基本は同様なケースが多いのですが、中には例外もあるため自身が利用する路線ではどうか調べてみるといいかもしれません。

仕組みや流れ

PAKPAS00263_TP_V
JRやその他の路線などによっても異なってきますので、駅員に確認は取っておいたほうがいいですが、だいたいの仕組みについて説明していきます。

路線 乗車人数 乗車券 改札入る時 改札出る時 料金 障害者手帳
JRなど 一人 ICカード(Suica)でok 改札でok 改札でok 正規の値段 提示不必要
介護者あり(障害者本人含め2人まで) 目的地までの子ども用切符2枚 窓口での対応が必要 窓口での対応が必要 本人と介護者各々半額 提示必要
他の路線など 一人 ICカード(Suica)でok 改札でok 改札でok 正規の値段 提示不必要
介護者あり(障害者本人含め2人まで) ICカード(Suica)でok 改札でok(※一緒に精算をしたい場合は窓口に) 窓口での対応が必要。個別で精算可能 本人と介護者各々半額 提示必要

JRでは、基本一人での乗車だと正規の値段になります。なので、普通の人と同じように改札を通って精算ができます。
最近の改札は1か所だけ車いすでも通れるような広めな改札があるため、簡単に通ることができます。

ただ、電車に乗車するときにサポートが必要な場合は、駅員窓口での対応になりますので注意してもらえればと思います。
(※例外として、一人の乗車でも100キロメートルを超えると、運賃料は半額になります。)

また、介護者を連れて乗車する場合は、事前に子ども用切符の購入が必要になります。
JRでは、suicaなどのICカードでの精算ではなく、切符なので少し不便です。

suicaで乗車すると精算の時に少し割引がされてしまうとか、機械上の問題があるのかな?っとか勝手に思っています。

他の路線で一人で乗車する場合は、基本JRと変わりません。ただ、たまに例外として料金半額で乗れる路線などもあるので、念のため駅員窓口で確認をしておくといいでしょう。

路線によっては、介護者がいても入場時ICカードで改札ok(別々のICカードで改札を通る)で、退場時に窓口で個別精算が可能なところがあります。

もし、一緒に精算をしたい方は、窓口での対応になります。

段差などがありサポートが必要な場合

PAS00146_TP_V
改修が進んでいる駅や、最近できた駅では段差がほどんどないところが多いのですが、どうしても昔からある駅では電車の乗車時にホームとの間が離れていたり、段差があったりします。

車椅子での乗車の場合は、約5センチの段差でも乗るのが困難になるケースがあります。

そのため、乗車時・降車時にはスロープが必要になったり、場合によっては、人のサポートが必要になるケースがあります。

なので、入場時に駅員窓口でスロープが必要なことを伝えて用意してもらうことになります。

乗車時・降車時には駅員さんの手を借りることになること、また降車場所への事前連絡が必要になるため、乗車までにはどうしても時間がかかります。

自分の体感だと、1・2本遅い電車に乗る感じです。

なので、急がないように時間に余裕を持った行動をオススメしています。

-車椅子の生活